2017年7月16日日曜日

特別展「駿河の戦国大名今川氏」・・・からの花倉城攻め☆

昨年末から年明けにかけて静岡県の駿東地域にある富士・沼津・三島の3つの博物館が開催した「駿東・北伊豆の戦国時代」という共通テーマの合同展示に、後北条好きのワタシもそれっ!と飛んで行ったんですが(→その時の記事はコチラ)、それと時を前後して藤枝市郷土博物館でも「駿河を駆けた武田軍団展」という特別展を開催していました。

ところがその時、藤枝の展示はタイミングが合わなくて行けずに涙を飲んだのですが、今度はその藤枝で平成29年6月2日~7月17日まで「駿河の戦国大名今川氏」をテーマに面白そうな展示会が開催されているというので、居ても立っても居られず・・・


あと2日で会期が終わってしまうというめっちゃ暑いこの日。愛車に飛び乗って富士山を横目に新東名をひた走り、埼玉から藤枝まで飛んできちゃいました♪


今回の展示は藤枝市郷土博物館開館30周年記念特別展示ということですが、それと共に、平成27年(2015年)の徳川家康公顕彰400年記念特別展「徳川家康公と駿河」、平成28年(2016年)の特別展「駿河を駆けた武田軍団展」と続いた、戦国時代の駿河をとりあげるシリーズ3部作(?)の締めくくりでもあるとのことです。


これまで「駿河といえば徳川氏」のイメージが強かったかと思うのですが、今年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で今川氏が多く取り上げられているせいもあってか、「今川氏復権宣言」!チカラ入ってるなぁ~(^^;)

今回は、静岡県内に残っている今川氏歴代当主の発給文書を中心に県内初公開・駿河の南北朝動乱に関わる「駿河伊達家文書」(京都大学総合博物館所蔵)の県内初公開など、駿河今川氏10代の歴史を網羅した展示となっています。

また、もう1つの目玉は花倉の乱」に関する「岡部文書」(藤枝市郷土博物館所蔵)。

なので、長慶寺に伝わる雪斎長老の像や笈、彦五郎のお位牌、そして乱において最終決戦の舞台となった花倉城の大きなジオラマ(!)などなど、やはり花倉の乱や今川義元関連は充実です♪



展示会の常で、写真が撮れるのはこのロビーまで。
自分は古文書が読めないですし、出展物について図録で復習しようと思ったのですが、博物館の方に伺ったら、今回の展示会は図録なし!

残念ながら、今後も作成する予定もない、とのこと。後からでもなんとか作成してもらえないものでしょうか・・・(TT) (→ ただしHPチェックしててね、とコッソリ耳打ちしてもらったので、密かに期待☆)

さて、次は展示会でじっくり予習した(?)花倉城へ!



花倉城は、博物館から北西に約5kmほどにある標高297mの城山(烏帽子形山の支峰)の頂上部にある山城です。

この城のある葉梨地区が、南北朝期の観応3年/正平7年(1352年)に駿河今川氏第2代の範氏が駿河支配のために居館を建てて守護所を置いた葉梨庄で、花倉城はその詰城として築かれたとされています。

また、戦国期の天文5年(1536年)には、第8代の当主氏輝の急死により勃発した、栴岳承芳(後の今川義元)と、異母兄で花倉・遍照光寺僧侶の玄広恵探(花倉殿)との家督争い(花倉の乱)において、最終決戦の場ともなっています。

 

すでに山城オフシーズンの真夏なので一瞬行くのをためらったのですが、博物館の方々には特段止められもしない上、事務所の奥から案内図を出してきて懇切丁寧に行き方を教えてくれて普通に「行ってらっしゃい!気をつけて~♪」。

なので、市街地の城址公園のように山頂近くまで気軽に行けるのかな~と、のんきに愛車のハスラー(軽)で向かって見たら・・・
教えてもらった道は、舗装はしてあるものの軽トラ1台がやっとの広さな上に、めっちゃ急坂なくねくね道。しかも片側が藪や崖になっててもガードレール一切なし!


必死に登ってやっとの思いで城跡入口にたどり着いても、駐車できそうなスペースは車2~3台分くらいしかないので、大きな車や複数台での登城はあまりオススメできません・・・麓から徒歩でというのもかなりしんどそうですが☆(^^;)

案内板のそばに車を停めて、念のため長袖長ズボンに首筋タオルやスパッツをつけ、虫除けスプレーを吹きつけて林の中に入っていくと・・・


いきなり、立派な土橋!
この写真だと普通の道にも見えてしまいますが、渡りきって向こう側(城側)から振り返ると・・・



土橋なことがよくわかる!
しかも、土橋を渡りきったところは塹壕みたいに段々に掘られていて、土橋を渡ってくる敵に対する防御の体制をとっているようにも見えます。


城跡に向かう林の中はハイキングコースになっているのか、下草がよく刈り込まれていて、藪に突っ込むこともなく快適に歩けます。


そして、小さくてぱっと見ではわかりづらい遺構にも、ちゃんと案内標が建てられているので、お城初心者のワタシにも見やすいし、見落とすこともなくてウレシイ♪


2つ目の土橋の脇から落ちている竪堀。ココロの目で見よ?!


そして土橋のすぐ先には、斜面を登っていく・・・古道?!
すごく素敵な掘割状の道が城に向かって続いています。。。


登りきったところで道は二手に分かれ、左手方向には「烏帽子形山方面ハイキング道」の立て札。そして右手方向には「帯曲輪」の案内標。


この下の段、写真だと掘割道のようにも見えるところが、その「帯曲輪」のようです。
そしてこの左側に見える上の段に登って見ると・・・


そこが二の丸です。
ここでも、何本も案内標が立って、かろうじて薄~く残っている土塁を示してくれています☆


この二の丸からは、藤枝宿方面の見晴らしが良いです!
まわりの木々がなければ、きっと東海道の要衝である宇津ノ谷峠や焼津方面の港などもよく見えるのではないでしょうか♪


二の丸と本丸の間の見事な堀切。
両脇は谷に向かって落ちているようです。


すこし斜めから見ると、本丸から二の丸が見下ろされている感のある高低差!


本丸側から見ると、二の丸はこんな感じに見下ろせます。


本丸は細長い削平地で、突端に「物見台」とされる盛り上がりがあります。


この盛り上がりを乗り越えた向こう側には、少し下がったところから細い尾根道が少々続いており・・・


突端がこれまた櫓台になりそうな小さな削平地。


この先は藪やぶの急斜面で、城域はここまでといった感じです。
ちなみに、ここまで来たら斜面のどこかでばりばりっ!と草木をなぎ倒すような音?!

すわ、熊かイノシシか?!?! と、めっちゃ怖くなったので、鈴を鳴らして声を出しながら大急ぎで車まで退却しました☆(><;)))))


またも難儀なくねくね道を南へ下ると、そこは今川氏館跡や家臣団の屋敷跡などがある旧葉梨村花倉。「花倉の里」です。

帰る道筋なので、展示会でも出てきた今川氏ゆかりのお寺のいくつかに寄ってみることに。

まずは遍照寺。駿河今川氏第2代範氏が建立し、玄広恵探(花倉殿)が住していた遍照光寺が焼失したあと、武田信玄に再興を許されたというお寺です。


境内には、範氏とその嫡子・氏家の墓石とされる五輪塔が並んで安置されています。
案内板によれば、それぞれ元の埋葬地点は別の場所であったようです☆

次は、駿河今川氏第3代泰範が建立した長慶寺。


きれいに掃き清められた庭の枯山水が素敵~!
お寺の奥には泰範の五輪塔と、雪斎長老の無縫塔が安置されています。


甲相駿三国同盟の締結に尽力するなど今川義元の右腕として手腕を発揮した太原雪斎は、晩年この長慶寺に隠棲し、古くなった堂宇の再建を果たした後、弘治元年(1555年)に生涯を閉じています。

ここまでで、今回の特別展「駿河の戦国大名今川氏」めぐりは終了!
展示会自体も7月17日で終了しましたが、圏央道と東名道がつながって静岡方面に来やすくなったし、展示会でせっかくいろいろ勉強したので、またじっくり今川氏関連の史跡を回りに来たいですね~♪

その時までには、今回の展示の図録が作られてるといいなぁ・・・☆



にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村 ← お気に召したなら、クリックよろしくです!

2017年4月30日日曜日

高根城で往時を妄想・・・☆ 青崩峠オフその3

前の記事(「昔の人は健脚だ~! 青崩峠オフその2」)でついにタクシーを呼んでしまった「青崩峠越え」オフ会一行。

タクシーは5~6km離れた水窪の町から来てくれたのですが、朝に平岡から秋葉街道まで乗せてくれたタクシーの運転手さんと同じくとても親切な話好きで、高根城までの道すがら秋葉街道の旧道がどこを通っているかなど、町の様子についてもいろいろ教えてくれました。

そして、一行が何時の電車に乗る行程なのか(飯田線は本数が少ないので)聞き出しながら走っているのが・・・あれあれ?どんどん山の中に入っていくけど、これって本当に高根城に向かっているの???予習していた場所と違うみたいなんだけど・・・!Σ(-□-;)


で、タクシーが到着したのが、上の看板の右の方に書いてある「現在地」の場所。
通常、観光客は駅や町に近い左側の駐車場の方から城に登ることが一般的なんですが、「現在地」からだとお城の主要部は一方通行で見て駅方面に出れる・・・!

電車の時刻の制約があるオフ会一行への、運転手さんのお心遣いでした(^^;)


「現在地」から本丸への行き方まで教えてくれた親切な運転手さんに見送られて、高根城攻め開始!

高根城は今年(平成29年)のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」のロケ地になったからか、「井伊直虎ゆかりの地」と書かれた幟があちこちに立っています。
主人公直虎の井伊家の領地や城は全然別の場所、浜名湖に近い井伊谷なんですけどね~☆


南北朝期の応永21年(1414年)にこの地の豪族である奥山氏が後醍醐天皇の孫の伊良(ゆきよし)親王を守るために創築したという伝承もあるようですが、城内の案内板によれば、発掘調査の結果、出土遺物から15世紀前半に奥山氏によって築かれたと考えられるとのこと。

その後、15世紀末ごろから今川配下に組み入れられたものの、永禄年中(1558年~1570年)に信州の遠山土佐守に攻められて落城したと「遠江国風土記伝」に伝わっています。

そして、元亀3年には武田軍の在番可能な城となっていたことが武田勝頼の高遠城あて28ヶ条の軍役条目から判明しており、遠江から武田勢力が一掃されたことにより廃城となる天正4年(1576年)までの間に、武田氏の手によって、現在見られる姿に大きく改修されたようです。


さて、高根城の麓にある案内板の縄張り図によると、右方向の水窪の町方面から登ると大手口。標高420m・比高150mの通称「三角山」の山頂部にあるので、峠越えした後の疲れた足には坂道の階段を登るのが結構きついよ~!と聞いていたのですが・・・

一行がタクシーで降ろしてもらった搦め手側の「現在地」から「馬の背小道」を登って尾根に出ますが、思ったほど登らずに尾根に出たと思ったら、少々進んだところでいきなり二重堀切がお出迎え☆

次の写真は、その二重堀切越しに三の曲輪(柵で囲ってある部分)を見たところ。
遺構を傷めないように脇の土塁上に木道で通路が作られていて、これは本来この場所にあったものではないとのことです。


そして、反対に三の曲輪から二重堀切を見下ろすと、前の写真のような感じ。
侵入者はバシバシ射落としますよ~!(笑)


1本目の堀切を横から見るとこんな感じ。断面V字の薬研堀・・・?
2本目の堀切は右側の三の曲輪を取り巻くように奥がカーブしています。


案内板によれば、この二重堀切は中央に設けられた約4mの土塁を含めて幅約29m。深さは最深部で7~8mあるそうで、この堀切をもって高根城の場内と場外が区切られていたそうです。


三の曲輪は周囲を柵で囲んでいます。
この柵を含め、高根城では井楼櫓や城門などが建てられていますが、これは平成6~11年に行われた発掘調査の結果を元に復元考証されているのだそうです。

ということは、高根城が城として機能していた時代にはこんな感じだったということなんだなぁ・・・しみじみ。



三の曲輪と二の曲輪の間の堀切。ばしっと切れてます☆
二の曲輪も柵で囲まれてます。三の曲輪よりも多少高いかな?


三の曲輪から二の局輪の方を見ると、通路の奥が階段を登って一段上がるようになっており、その向こうに何か小さな建物が建っています。

また、よく見ると上がったところの左側がら二の曲輪に登れるようにはしごがかかっているのが見えます。


この階段やはしごも形は安全のため当時のものとは違ってますが、設置場所は当時と同じところに作られているそうです。

そして、きっと二の曲輪の柵ごしに見下ろす三の曲輪。当時もこんな感じだったのかな?!



二の曲輪に大きな木が一本立っています。
木の幹につけられた案内によるとこの木は、発掘調査の合間によく虫取りをしていた中井均先生(滋賀大学教授・織豊期城郭研究会代表)にちなんで「中井の木」といわれているそうです☆

二の曲輪から見下ろすと、先ほど遠くに見えていた小さな建物が見下ろせます。
木橋、城門そして柵です。


この木橋や城門は発掘調査で検出された遺構そのものの上に復元されたものです。
三の曲輪側から通路沿いに本曲輪へ行こうとする敵兵をここで足止めするとともに、二の曲輪からばしばし撃ち落すことができますね♪

なお説明版によれば、城門の本丸側で検出された石積み遺構は県内で唯一の武田氏の石積み!


この城門を突破すると、いよいよ城内で一番高い本曲輪!
本曲輪に入るといくつかの建物が建っていますが、このうち神社風の建物は復元されたものではないそうです。

ただし、建物裏の土塁は往時の遺構のようで、崩れないように表面がコーティングされていました☆



本曲輪内に大きくそびえているのが井楼櫓。これは検出された遺構の上に復元されたものです。このほかに倉庫のような建物とその裏手の柵、そして曲輪周囲の塀と大手口および裏口の城門が検出・復元されています。


復元された塀の狭間からのぞくと、二の曲輪下の城門がよく見え(撃ち落せ)ます!

案内板にあった本曲輪概略図によると、遺構の検出はなかったものの礎石の散乱状況から、神社風の建物があったあたりに礎石建ちの主殿があったと推定されているようです。


大手口の城門を出ると、目の前に水窪の町がどーんと広がっています!

山々の向こうの信州から青崩峠を越えた秋葉街道は、真正面の谷間から水窪に入り、高根城の真下を通って浜松方面に抜けていきます。

つまり高根城はこの秋葉街道を押さえる位置にあって、信遠国境の要となっている城というわけですね☆


さて、大手口の城門といかにもコーティングで守られている感満載の土塁を後に、最初の案内板にあった「登城の小道」を、一気に水窪の町に向かって降りていきます!


・・・搦手口から登ったときと比べて、格段にハードでした(^^;)
青崩峠越えでへろへろのところにこちらから登るんじゃなくてよかった☆改めてタクシーの運転手さんに感謝です!



最後、木の階段を降りきると車が20台くらい置ける駐車場。車や電車で来る場合には、やはりこの駐車場のある大手口方面から登るのが便利だし、一般的なんでしょうね。。。

さて、本日予定の行程はこれで終わり。最寄り駅はJR飯田線向市場駅になります。
・・・が、向市場から電車に乗るには時間的に空いてしまったので、特急の停まるひと駅信州寄りの水窪駅まで歩くことにしました。


そういえば高根城までのタクシーの中で、水窪の商店街が古い街道だって運転手さんが教えてくれてたっけ・・・!

向市場駅と水窪駅の間にあるその商店街に行ってみると・・・?


・・・商店街のはずなのに、ほとんど商店がない(><)
道自体はなんとなく昔の風情を残しつつ商店街の中を抜けて行き、やがて車道がクランクで曲がっていくところにまっすぐ「塩の道」という階段が。。。


案内板によると、この道が「塩の道=秋葉街道」で間違いないようです。
風情のある階段を登って高台の道をしばらく歩くと、さらに上に登っていく道と、下に下る道との分岐に出ます。


秋葉街道は、この上に登る細いほうの道を行くようです。
古い道はやはり川沿いではなく、地盤のしっかりした高台を通っているんですね。

が、水窪駅は川の方に下って行く道なので、ワタシたちはここで秋葉街道ともお別れ。


川まで降りてしばらく川沿いの道を駅方向へ向かって歩いていると、高根城まで乗せてもらった「水窪タクシー」の看板が。
あれ?ここが事務所だったんだね~♪と話しながら歩いていたら、その声が聞こえたのか中から出てきたのが当の運転手さん!なんかほっこりしてしまいました(^^)v

そうこうしているうちに歩行者専用の橋を渡り、対岸の高台にある水窪駅へ。


橋の上からは、秋葉街道が通っている高台の(ちょうど山の中腹の家が立ち並んでいる)あたりもよく見えます。
実際にはそこまで行く前に、川のほうへ降りてしまったのですが☆


そして、無人駅なのに特急が停まる水窪駅。
しかも夕方の特急伊那路4号は、終点の豊橋で新幹線に接続しているそうです。

これで一路関東へ帰還。
「信州側から青崩峠を歩いて越えて遠州・高根城を攻める(?)」秋葉街道歩きオフ、予定していた全行程を歩きとおすことはできなくて残念でしたが、それでも「その1」「その2」の記事で書いたとおり、自分的にはよく歩きました~!

それにしても、昔の人は健脚だったんだなぁ・・・☆(苦笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 ← お気に召したなら、クリックよろしくです!